こういう人におすすめ

・いつも同じパターンを繰り返してしまうのでその理由が知りたい
・表面的な人生はうまくいっているけれどこのままでいいのだろうかと思う=魂の目的を知りたい
・真の意味での満足感を得たい
・今までの人生(過去生含む)を振り返り、来世に向けた指針が欲しい
<リーディングの活用法について>

占星術をはじめとする占いの活用法で大切なのは、あくまでも一つの情報として受け入れるということだと思います。
私は個人的に様々な占いのメソッドを使っていますが、そのメソッド毎に得意分野というかフォーカスしている部分が違うという印象を持っています。

たとえば、 私の印象では、西洋占星術で使うホロスコープはアストラル体の情報を読んでいるけれど、東洋系の占星術(陰陽五行説)、たとえば算命学ではエーテル体の情 報を読んでいると感じています。
シュタイナーは、人が生まれる時に自我、アストラル体、エーテル体、肉体という順番で魂が「洋服」を纏うと 表現していますが、魂の進化の状況等に応じて、肉体に近い層になればなるほど、魂の意図が反映されにくいとも語っています(魂にとって、より適したアスト ラル体を得ることよりもより適した肉体を得ることの方が難しい)。
ですから、その人の魂の状況によって、どういう情報がピンとくるか、必要なのかは大いに異なると考えています。

また、ホロスコープの影響は、それを自覚化していくことで振り回されなくなる(星が克服される)ものです。ですから、自分の星のパターンを知ってそれを言い 訳の材料にするのではなく(どうせ私は●●だから・・・等)、出来る限り癒していくことではじめて意味を成すのだと感じます。

こうした注意点を知った上で、自分を知るためのガイダンスの一つとして利用してもらえれば・・・と思います。自由意志を持つ私たちは、数ある未来の中から 色々な道を選択していくことができます。
出生図の鑑定は、そのときその人が何歳で何をしてるかということも視野に入れて読むので、その点も考慮に入れてみてください。